Publication Top


Publications of Fujita-Yamauchi Lab. and Hatanaka Lab. FY2018

論文(査読有)

舩田陸,山下駿野,畑中健志,藤田政之

受動性に基づく分散協調型3次元視覚人間位置推定アルゴリズム

(Passivity-Based Distributed 3-D Visual Human Localization Algorithm)

計測自動制御学会論文集, Vol. 54, No. 6, pp. 547-556, 2018

(DOI: 10.9746/sicetr.54.547)

Y. Wasa, T. Kasajima, T. Hatanaka and M. Fujita

Modeling and Identification of Data Center HVAC System with Super-multipoint Temperature Sensing System

SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol. 11, No. 3, pp. 221-229, 2018

(DOI: 10.9746/jcmsi.11.221)

M.W.S. Atman, T. Hatanaka, Z. Qu, N. Chopra, J. Yamauchi, M. Fujita

Motion Synchronization for Semi-autonomous Robotic Swarm with a Passivity-short Human Operator

Focused Section on Human-Centered Robotics, International Journal of Intelligent Robotics and Applications, Vol. 2, No. 2, pp. 235-251, June, 2018

(DOI: 10.1007/s41315-018-0056-8)

久島康嘉,河合宏之,村尾俊幸,河合康典,岸谷都,鈴木亮一,藤田政之

片麻痺患者のリハビリテーションに向けたFESによるペダリング運動の速度制御

(FES-assisted Cycling with Cadence Tracking Control for Rehabilitation of Hemiparesis)

電気学会論文誌 C,Vol. 138, No. 11, pp. 1391-1398, 2018

(DOI: 10.1541/ieejeiss.138.1391)

H. Dan, T. Hatanaka and H. Shim

A Modularized Design for Output Synchronization of LTI Dynamical Networks with Communication Delays

SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol. 11, No. 6, pp. 495-501, 2018

T. Hatanaka, N. Chopra, T. Ishizaki and N. Li

Passivity-Based Distributed Optimization with Communication Delays Using PI Consensus Algorithm

IEEE Transactions on Automatic Control, Vol. 63, No. 12, pp. 4421-4428, 2018

(DOI:10.1109/TAC.2018.2823264)

岡本僚太,手塚悠己,向井正和,畑中健志,飯野穣,滑川徹

各車両の運動を考慮したミクロ交通流モデルに基づくモデル予測型信号機制御の実行可能性および性能解析

(Feasibility and Performance Analysis of Model Predictive Signal Control Based on a Micro Traffic Model Individual Vehicle Motion)

計測自動制御学会論文集,Vol. 54, No. 12, pp. 849-856, 2018

遠藤浩史, 石倉大地, 畑中健志, 児玉弘喜, 鈴木成人, 福田裕幸, 藤田政之

ICT機器連携システムを利用したデータセンタ空調機の実時間最適化

計測自動制御学会論文集,Vol. 55, No. 2, pp. 118-126, 2019

会議発表 論文

国際 査読有

T. Nguyen, S. Nakano, T. Hatanaka, E. Garone and M. Fujita

A Distributed Reference Governor for High-Order LTI Swarm Systems

Proc. of 2018 American Control Conference, June27-29, Milwaukee, WI, USA, pp. 4925-4930, 2018

C. V. Nguyen, T. Hatanaka, H.-S. Ahn

A distributed singular perturbation algorithm in a non-cooperative game under limited control authority

Proc. of 7th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems, Aug. 27-28, Groningen, the Netherlands, pp. 367-372, 2018

T. Hatanaka, A. W. Farras, J. Yamauchi and M. Fujita

A passivity-based approach to distributed reference management for constrained semi-autonomous robotic swarms with communication delays

Proc. of SICE Annual Conference 2018, Sep. 11-14, Nara, Japan, pp. 563-566, 2018

H. Dan, T. Hatanaka and H. Shim

A parallel feedforward compensator approach to output synchronization for a network with non-passive dynamics and communication delay

Proc. of SICE Annual Conference 2018, Sep. 11-14, Nara, Japan, pp. 954-957, 2018

H. Endo, S. Suzuki, H. Kodama, T. Hatanaka, H. Fukuda and M. Fujita

Development of Predictive Control System Using Just-In-Time Modeling and Enthalpy-Aware Control in Air Conditioners for Large-Scale Data Center

Proc. of 18th International Conference on Control, Automation and Systems, Oct. 17-20, PyeongChang, Korea, pp. 1278-1283, 2018

M. W. S. Atman, K. Noda, R. Funada, J. Yamauchi, T. Hatanaka and M. Fujita

On Passivity-Shortage of Human Operators for A Class of Semi-autonomous Robotic Swarms

Proc. of 2nd IFAC Conference on Cyber-Physical & Human Systems, Dec. 14-15, Florida, USA, pp. 21-27, 2018

T. Ibuki, T. Hatanaka and Z. Qu

Discrete-time 3-D Attitude Synchronization Based on Passivity Shortage

Proc. of 57th IEEE Conference on Decision and Control, Dec. 17-19, Florida, USA, p. 1293-1298, 2018

国内 査読無

山下駿野,宮野竜也,畑中健志,柴田一騎,神保智彦,藤田政之

ADMMの受動性的解釈とアルゴリズム設計

第61回自動制御連合講演会,愛知,Nov. 17-18,pp. 1398-1401,2018

檀 隼人,岡本 僚太,畑中 健志,向井 正和,飯野 穣

マクロ交通流モデルに基づくサイバーフィジカル最適信号機制御

第6回制御部門マルチシンポジウム,熊本, Mar. 6-9, 3E1-5, 2019

山下 駿野,畑中 健志,岡本 大地,林 直樹,飯野 穣

受動性に基づく主双対ダイナミクスの一般化と非狭義凸目的関数に対する収束性解析

第6回制御部門マルチシンポジウム,熊本, Mar. 6-9, 3G2-5, 2019

会議発表 梗概
著書
解説・総説

卒業論文・修士論文・博士論文

舩田 陸(主指導教員:藤田政之,副指導教員:畑中健志)

設置式視覚センサネットワークを用いた分散最適化に基づく協調環境モニタリング

博士論文, 東京工業大学

井川 友博(主指導教員:藤田政之,副指導教員:畑中健志)

日射を考慮した実時間最適ビルエネルギー管理シミュレータの構築

修士論文, 東京工業大学

岡本 僚太(主指導教員:藤田政之,副指導教員:畑中健志)

各車両の運動を考慮したミクロ交通流モデルに基づくモデル予測型信号機制御の実行可能性及び性能解析

修士論文, 東京工業大学

清谷 昂星(主指導教員:藤田政之)

制御バリア関数を用いた視野の重複を保証する被覆制御

修士論文, 東京工業大学

児玉 敦志 (主指導教員:藤田政之)

2次計画法3次元空間内での安全性を保障した剛体制御

修士論文, 東京工業大学

庭屋 郁基(主指導教員:藤田政之)

制御バリア関数と情報信頼度を用いたロボティックセンサネットワークによる安全な持続的被覆制御

修士論文, 東京工業大学

藤森 拓也(主指導教員:藤田政之)

不確かさの学習に基づく制御バリア関数と時相論理を用いたロボティックネットワークの制御

修士論文, 東京工業大学

山下 駿野(主指導教員:藤田政之,副指導教員:畑中健志)

受動性に基づく主双対ダイナミクスの一般化と収束性解析

修士論文, 東京工業大学

手塚 悠己(主指導教員:藤田政之,副指導教員:畑中健志)

車両ダイナミクスを考慮した論理混合型信号機最適化とシミュレータ構築

学士論文, 東京工業大学

大橋 直矢(主指導教員:藤田政之)

ガウス過程回帰による人間モデル学習に基づいた人間-ロボティックネットワーク系のインターフェース設計

学士論文, 東京工業大学

松本 大樹(主指導教員:藤田政之)

制御バリア関数に基づく安全性を考慮した2次元平面上での群れ制御と拡張現実を用いた実験検証

学士論文, 東京工業大学

Muhammad Syafiq Bin Monaer(主指導教員:藤田政之)

Visual feedback tracking control with Gaussian process regression under unknown disturbances and experimental verifications

(ガウス過程回帰による未知外乱を考慮した視覚フィードバック追従制御と実験検証)

学士論文, 東京工業大学

Award (受賞)

伊吹 竜也,畑中 健志

離散時間系におけるPassivity Shortageに基づく3次元姿勢協調制御

第5回制御部門マルチシンポジウム,東京,Mar. 8-11, Sa52-1, 2018

計測自動制御学会制御部門大会賞, 2018

岡本 大地

サイバーフィジカルビルエネルギー管理とシミュレータ構築

2018年度SSSマッチングワークショップ

SSSマッチングワークショップ最優秀ポスター賞, 2018

M. W. S. Atman

On Passivity-Shortage of Human Operators for A Class of Semi-autonomous Robotic Swarms

Proc. of 2nd IFAC Conference on Cyber-Physical & Human Systems,Miami, Florida,Dec. 14-15, pp.21-27, 2018

IFAC CPHS 2018 Young Author Prize, 2018

山下 駿野

日本機械学会 三浦賞

山下 駿野

白星会 システム制御コース 最優秀講演賞

山下 駿野

システム制御コース 総代

岡本 僚太

システム制御コース 副総代

外部資金

藤田 政之

科学研究費補助金 基盤研究B (課題番号:18H01459)

題目:人とロボット群の協調を実現する相互学習型分散制御システムの構築

畑中 健志

科学研究費補助金 基盤研究C (課題番号:16K06411)

題目:次世代ビルエネルギー管理のための物理融合型分散最適化手法と制御シミュレータ開発

畑中 健志(分担)(代表者:滑川徹)

科学研究費補助金 基盤研究B (課題番号:17H03283)

題目:大規模都市インフラシステムのPlug & Play制御と最適化

山内 淳矢

科学研究費補助金 研究活動スタート支援 (課題番号:18H05903)

題目:持続的環境モニタリングに向けた協調自律モバイルセンサネットワークシステムの構築

舩田 陸

日本学術振興会特別研究員 DC1 (課題番号:16J07893)

題目:動的環境に適用可能な3次元分散協調型視覚環境モニタリングシステムの構築

Visiting Researchers

International Exchanges

Faculty Visiting

山内 淳矢, 海外大学重点校への教員派遣, Technical University of Munich (Host: Prof. Sandra Hirche), 2018, 8 - 2018, 12

Student Exchanges to Fujita Lab. and Hatanaka Lab.

海外交流学生(ACAP)

Franky Laurentis, National University of Singapore, Singapore, 2018,4-2018,9

チューター: 原田 裕平

海外交流学生(ACAP)

Marco Omainska, University of Stuttgart, Germany, 2018,9-2019,4

チューター: 西亀 真之

海外交流学生(ACAP)

David Doerner, University of Stuttgart, Germany, 2018,9-2019,8

チューター: 野田 光世

海外交流学生(YSEP)

Hui-Yun Lin, National Taiwan University, Taiwan, 2018,9-2019,3

チューター: 庭屋 郁基

Student Visiting

舩田 陸, Georgia Institute of Technology, USA, Jun 13 - November 1, 2018

玄長 拓磨, KTH Royal Institute of Technology, August 18, 2017 - January 18, 2019

Teaching Assistants

第1クォーター

玄長 拓磨,研究プロジェクトA (L)

檀 隼人,研究プロジェクトA(TA(D)),ロバスト制御 (TA(D))

Made Widhi Surya Atman,ロバスト制御 (IIDP)

岡本 大地,基礎情報処理及び演習(H)

野田 光世,ロバスト制御 (L)

第2クォーター

檀 隼人,プログラミング演習(TA(D)),システム創造設計(TA(D))

岡本 大地,基礎情報処理及び演習(H)

第3クォーター

檀 隼人,フィードバック制御 (TA(D))

野田 光世,フィードバック制御 (D)

西亀 真之, フィードバック制御 (L)

その他

T. Hatanaka, J. Imura and A. Kojima

Distributed Energy Management Towards Clean and Economically-Enabled Society

2nd IEEE Conference on Control Technology and Applications, August 21-24, Copenhagen, Denmark, 2018

電力ネットワークの同期は対称性がカギ 〜再エネ普及時の安定供給につながる、世界初の理論解明〜

JST プレスリリース, April 27, 2018

超スマート社会推進コンソーシアムを設立 〜超スマート社会次世代人材育成への新しい社会貢献を共創〜

東工大ニュース, April 27, 2018

電力ネットワークの同期は対称性がカギ 〜再エネ普及時の安定供給につながる、世界初の理論解明〜

東工大ニュース, May 2, 2018

超スマート社会推進コンソーシアムを設立

東工大ニュース, May 8, 2018

風力発電の出力変動が電力系統へ及ぼす影響の評価手法を開発 〜大量導入時の安定供給に向け新たな理論〜

JST プレスリリース, May 31, 2018

超スマート社会推進コンソーシアム設立記念式典のご案内

東工大ニュース, October 16, 2018

超スマート社会で個人情報を守る制御技術を開発 〜蓄電池の充電率など秘密のままフィードバック制御〜

JST プレスリリース, November 12, 2018

安定的な再生可能エネルギーの電力供給を実現 〜新たな最適蓄発電運用計画法を開発〜

JST プレスリリース, February 7, 2019

安定的な再生可能エネルギーの電力供給を実現 〜新たな最適蓄発電運用計画法を開発〜

東工大ニュース, February 7, 2019

CREST「JST-NSF-RCN国際合同ワークショップ」開催報告

JSTトピックス,February 28, 2019


Publication Top        Back to Top